絵の世界もデジタル化が進んで、多くの人がペイントツールで絵を描くようになっています。
わたしも、水彩画風の絵を描くために、saiやクリスタ(クリップスタジオ)を使ったりしています。
ですが、これらのお絵かきツールは、パソコンがなくては使えませんし、ツール自体も有料です。
デジタルでしっかり絵を描くためには、初期投資が必要なのです。
お金をかけなくても簡単に水彩画を描きたい。
そう思うと、実際にアナログで絵の具やカラーインクを使い、紙に描いていくという方法になります。
ですが、絵の具を使い慣れていないと、これまた難しい。
平気ではみ出したり、上手に塗れなかったり。
クオリティの低さに絵を描く気持ちも萎えてしまうかもしれません。

簡単・手軽に水彩画が描ける色鉛筆 水彩色鉛筆

そこで、オススメするのが、水彩色鉛筆です。
これは一見すると普通の色鉛筆なのですが、実は塗った後に水をつけると、色が溶けて絵の具のようになるのです。
こちらが画用紙に色鉛筆で塗ったところ水彩色鉛筆 オススメ
こちらが筆で水を塗ったところ
水彩色鉛筆 オススメ
見事に色が溶けて、絵の具のような表現になっています
水彩色鉛筆の優秀な所は、最初は色鉛筆で色を塗れるということ。
筆よりも鉛筆の方が、細かい部分も上手に塗れますよね。
だからこそ、 水彩色鉛筆なら、絵の具でよくやってしまうような、色のはみだしもないわけです。
最初から絵の具を塗るよりも、きれいな水彩画風のイラストが描けますよ
この 水彩色鉛筆 (インクペンシル)を使っていた絵がコチラ!
水彩色鉛筆 オススメ
水彩色鉛筆 オススメ
メイキングの動画もあります。
三菱の水彩色鉛筆は絶版のようです。
しかし、同じような水彩色鉛筆が売られていますので、そちらをご紹介します。

オススメの水彩色鉛筆

オススメはファーバカステルの水彩色鉛筆です。お値段も手ごろで細かい絵を描くのに向いています。
バラ売りがないのがデメリットなので、一番最初の水彩色鉛筆にいいかなと思います。
バラ売りがあってクオリティも高いのがアートグリップの水彩色鉛筆です。
本格的な絵を描きたい人は、少々値が張りますが、こちらがオススメ。
とはいっても、数千円で買えますので、コピックと比べても全然手が届く値段です。
何せばら売りがあるので、なくなった色だけ買い足すことができます。
初期投資できる人はコチラがいいでしょう。
水彩色鉛筆は、混色もできるので、ベースの色鉛筆があれば、だいたいの色が出せます。
現に上のイラストは10色の水彩色鉛筆で描いています。
欲しい色は混色でも表現できますので、24~32色もあれば色数としては十分すぎると思いますね。
アナログのイラストを描く人、水彩画風の絵を描いてみたい人は、はぜひとも水彩色鉛筆を試してほしいと思います。